Product製品ラインナップ

ACCESSORIES

(アクセサリー)

小物からオプションパーツまで多彩にラインナップ

Accessoriesオリジナル小物

  • キーフォブレザーケース
    各オープン価格
    キーフォブ専用のレザーケースです。
    ブラック、ブラウンからお選びいただけます。

    online shop

  • キーフォブカバー
    1,100
    AUTHOR関連製品キーフォブ専用の
    交換用カバーです。 中身の基板は
    付属しておりません。

    online shop

  • 電波遮断ポーチ
    2,200
    電波遮断シートを2重構造出し入れ
    しやすい横型チェーンリング付
    AUTHOR ALARMロゴ電波遮断ポケットと遮断しないポケット付
    キーホルダーフック付

    online shop

  •  
     
    ライセンスフレーム
    2,200
    取付は簡単で封印部にはカッターでスジを入れ折り切る事が可能です。
    ナンバープレートの表示に係る新基準(令和3年10月1日全面適用)に沿った、車検対応品のライセンスフレームでURL.ロゴを立体成型しました。
    ※M6×16mm~20mmの取付ボルトが必要な場合が御座います。
    別途ご用意ください。

    online shop

  • Author
    ステンレススキャナー
    (ブルーLED、ホワイトLED)
    オープン価格
    AUTHOR ALARMロゴ内のLEDが
    点滅し周囲にセキュリティを
    アピール致します。

    ショップへお問い合わせ

  • IGLA
    ステンレススキャナー
    (ブルーLED、ホワイトLED)
    オープン価格
    AUTHOR ALARMロゴ内のLEDが
    点滅し周囲にセキュリティをアピール致します。

    ショップへお問い合わせ

Optionalオプション製品

  •  
    専用キーフォブ
    5,478
    IGLA2・IGLA PRO2・KLB・KLB PROに対応します。
    長さ:4.2cm/横:2.5cm/厚み:0.5cm
    電池:CR2032 約6ヵ月

    ショップへお問い合わせ

  • CANテスター
    Author TS-100
    オープン価格
    テスターには350mAの容量を持つ
    5Vバッテリーが内蔵されており、
    充電しなくても長時間動作します。
    テスターは、12ボルトと
    24ボルトの車載電圧の車での作業を
    目的としています。
    測定限界は0.1Vの誤差で32Vまでです。

    ショップへお問い合わせ

  •  
    AR320
    5,500
    車種、年式によりAutostartに
    必要なパーツです。

    ショップへお問い合わせ

  •  
    専用防水リレー
    2,200
    IGLA、KLB専用防水リレーです。
    長さ3.5cm、横1.5cm、厚み1.0cm

    ショップへお問い合わせ

  • BLED112
    (書換ツール)
    8,800
    IGLA・IGLA2・IGLA PRO・IGLA PRO2・
    KLB・KLB PROの車種別ファームウエアー書換ツールです。
    長さ2.0cm、横1.5cm、厚み0.8cm

    ショップへお問い合わせ

  •  
    TOR
    34,100
    TORはCAN-BUSによるデジタル制御でアナログブロッキングをコントロール可能なモジュールです。IGLA、IGLAalarm盗難防止システム搭載車を総合的に保護するための画期的な装置です。
    IGLA、IGLAalarmは、車の標準配線であるCAN-BUSを介してTORと連携しています。
    ※IGLA、IGLAalarmのOPとして使用し単独での取付は出来ません。

    ショップへお問い合わせ

※すべて工賃別

Other productsその他の製品を見る

製品ラインナップページへ戻る

Caution Author製品をご購入されたお客様へ
施工車両の売却時のご注意点

Authorを取りつけた状態のままのお車の売却は出来るだけお控えください。
売却前に販売取付業者へ連絡しデバイスの取り外しを行ってからの売却をお勧めします。
転売後のトラブル防止・個人情報&製品情報の流出があるため、
そのままでの転売は非常に危険です。
取り外したデバイスは次のお車に移設も可能ですので、販売取付業者にご相談ください。
また廃棄する場合、業界NO.1(当社調べ)のコンパクトデバイスなため、従来のアナログデバイスに比べ10分の1以下の廃棄量で済みます。